• トップ
  • 網戸付ルーバー面格子
  • オムニガード
  • ガードボーイ
  • リフォーム
  • 各種対応ブラケット
  • 図面集ダウンロード
  • カタログダウンロード
  • お問い合わせ
  • 会社概要

お問い合わせ

【本社】
〒662-0934
兵庫県西宮市西宮浜4-6-8
TEL:0798-36-1695
FAX:0798-36-0612
E-mail:desk@matukin.co.jp
【東京営業所】
〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町
3-7-6 美濃松ビル3F
TEL:03-5256-7305
FAX:03-5256-7306
【岐阜工場】
〒503-1331
岐阜県養老郡養老町橋爪314-1
TEL:0584-32-4245
FAX:0584-32-4246
【垂井工場】
〒503-2123
岐阜県不破郡垂井町栗原290-2

  • OEM製品の設備・製品情報はこちら

オムニガード

可動ルーバー面格子の特徴

可動ルーバー面格子が選ばれる理由

共用廊下や隣家との境界、通路面などに取付けることの多い面格子。
従来の縦格子から可動ルーバー面格子に変えるだけで優れた防犯性能と住環境・用途に応じた住まいのプライバシー空間をつくることができます。建物の外観を損なわないデザインでありながら高級感ある多機能性を実現し住まいの価値向上にもつながります。そのため新築はもちろんリフォームでの使用も増えてきています。

ルーバーを角度調整することで、プライバシーを保護しながら様々な機能をコントロールすることができます。
視覚的防犯性能に優れています。

ルーバー面格子の多様性


ルーバーの可動は上下2段可動タイプ、1段可動タイプ、固定タイプがあります。

消費電力の削減太陽放射熱80%カット

窓の外に取り付けすることにより太陽放射熱を80%カットします。
冷房効果をアップさせ、夏を快適に過ごせます。

オムニガードシリーズ

オムニガードEL

オムニガードEL

目指したのは、Simple&Quality

シンプルゆえに、マンション・戸建、洋室・和室・浴室…等場所を選ばず取り付けすることができます。
ルーバーは、防犯性能に優れた「ビス止め」を採用。操作性にもこだわり業界トップのクオリティーを実現しました。

シンプルで洗練されたデザイン

枠見込みが53mmでありながら、縦桟を斜めにカットしたデザインのためスッキリとした印象を与えます。
マンションはもちろん一戸建への取付けもおすすめします。

ルーバー部に溝をつけることにより、高級感ある美しいデザインとなっています。

簡易なダイヤル操作でルーバーの角度調整ができます。
ルーバーの角度調整は無段階。外からの視線・風や光を自在にコントロール

操作性は従来通りのダイヤル機構を採用。
どなたでも指一本で簡単にルーバーの開閉操作ができます。お好きなルーバーの角度でロックをかけることもできます。

オムニガードFL

オムニガードFL

光と風をとり入れるそれがルーバー面格子です。

建物の外観を損なわないシンプルなデザインでありながら、高級感ある多機能性を実現しました。
日除・目隠し・換気(通風)・採光など快適な居住空間を演出することができます。ルーバー形状は、中空構造を採用し、ビス止め固定をしており抜群の強度があります。

シンプルで洗練されたデザイン

重厚感あるデザインで防犯性能にすぐれています。
マンション共用廊下での取付けが多い安心商品です。

全開・全閉…いずれのシーンでも建物に調和したデザインです。

簡易なダイヤル操作でルーバーの角度調整ができます。
ルーバーロック機能つき。お好きな角度でロックをかけてルーバーを固定できます。

操作ダイヤル部にギア機構を採用。
ダイヤルを回転させるだけの簡単操作です。
お年寄りやお子様でも簡単に操作できます。

オムニガードML

オムニガードML

ルーバー面格子の機能はそのままに脱出機能をもった面格子です。

非常時における、2方向避難の重要性

通路側の窓に面格子を取付けてあるマンションなどの集合住宅では避難口が限られています。
火事や震災などで玄関の利用が困難になる場合も充分に考えられ二つ以上の避難口を確保する事が重要と考えられます。

簡単なダイヤル操作

開放の仕方は、錠レバーを操作するだけの簡単な操作です

錠レバーは外からは開錠できない構造です。外開き仕様ですので、非常時での脱出がより安全におこなえます。

開錠のしかたと戻し方

開錠のしかたと戻し方











 生 産 終 了 品

オムニガードWL

木目可動ルーバー面格子

標準在庫色 受注生産色

※色柄貝本は印刷のため、現物と違って見える場合もございます。ご採用にあたっては、現物サンプルでご確認ください。

製品収まり図

WL操作範囲寸法